FACTORY 工場紹介

ホーム>工場紹介

製造工程

1.原木仕入れ

原木市場にて、一本一本厳選した仕入れ。

6.養生

テント倉庫内で一定期間養生。

2.皮剥

リングバーカーによる皮剥作業。剥がした皮はボイラーの燃料に利用。

7.選別

一次選別

3.製材

ツインバンドソーによる製材。

8.仕上げ

モルダーに寄る仕上げ作業。

4.桟積み

乾燥機に入れる前に欠点があれば取り出します。曲がりや反りを考慮しながら並べる。

9.最終選別

グレーディングマシンによる、強度及び含水率測定後、最終選別。

5.乾燥

蒸気式高温乾燥機による乾燥。

10.出荷

全国各地へ出荷。

高品質な製品づくりのために、最適な木取りを。

木は1本1本個性があり、全く同じものはありません。製材職人(腕利きの木取り職人)は様々な原木丸太を見ただけで木材の使用目的を判断し、最も効率の良い木取りを行います。原木の品質や在籍を、最大限に有効利用する事を目指して、製材が行われています。

 

最適な木取り

最適な木取りを、人の目視により製材します。

環境対策への取り組み

製材工場では、大量の木屑等が発生しますが、弊社ではそれぞれを分類し、目的別にリサイクルしています。

木屑等のリサイクル

株式会社 武内製材所

〒877-0054 大分県日田市琴平町951-1

TEL:0973-23-6175 FAX:0973-22-5490

mail:info@takeuchi-seizaisyo.com

copyright©TAKEUCHI SEIZAISYO.Alrights Reserved.

FACTORY 工場紹介
製造工程
高品質な製品づくりのために、最適な木取りを。
最適な木取り
環境対策への取り組み
木屑等のリサイクル
FACTORY 工場紹介
製造工程

製造工程はこちらからご覧になれます。>製造工程

高品質な製品づくりのために、最適な木取りを。
環境対策への取り組み
木屑等のリサイクル
FACTORY 工場紹介
製造工程 高品質な製品づくりのために、最適な木取りを。
最適な木取り
環境対策への取り組み
木屑等のリサイクル